おうちヨガでシェイプアップその3


・おうちでヨガをしてシェイプアップをしてみよう

・ヨガをしてみようと、始められる方は多いと思いますが、シェイプアップをしてみようという以外に、他に
も沢山の効果があります。
例えば、体を柔らかくしたいと思い始める人、体の歪みを、整えたいという人、精神的な安定を求めて始める人・・・ちなみに私は、この3つ全て当てはまります。

時々ですが、私は精神的に弱いところがあって、情緒不安定になる時があります。
だから気持ちを整える、という意味でヨガはとてもリラックスできて、精神的に安定しました。

・「ドルフィン・プランク・ポーズ」のポーズは、上記に述べた以外に、沢山の効果があります。
おうちで気軽にヨガができる、簡単にシェイプアップしてみたい、プラスアルファ
ストレス及び軽いうつの軽減、脳を休める、ふくらはぎとハムストリングスと肩と土踏まずのストレッチにもなり、腕、脚、体幹の強化骨粗しょう症の予防にもなりとても効果的です。

・おうちヨガでシェイプアップその3「ドルフィン・プランク・ポーズ」ドルフィン・ブランク・ポーズ.jpg
ポーズの進め方

1)ドルフィン・ポーズから両肘を曲げる、そこから両足を後ろに歩かせて、肩が肘の真上に来るようにし、胴体と床と平行にする。

2)前腕の内側と肘を床に対して強く押す、肩甲骨を背中に安定させ、背骨から離すように広げる。
同様に鎖骨を胸骨から離す。

3)肘の前側を天井の方向へ押しつつ、尾骨は床の方向へ引き入れてかかとの方へ長く伸ばす。首の後ろ側から、頭蓋の下を引き離すように持ち上げ、正面の床を見る、この時、喉と目は柔らかく保つ。

4)30秒〜1分ステイする。吐く息で両肘を床へ下ろしてリリースする。

*おうちヨガでシェイプアップするときの注意点

肩に故障がある場合は、胴体をボルスターの上に乗せる。
首に故障がある場合は、額をブロックの上に乗せる。

この点に気をつけて、おうちで、余った時間を利用して、ヨガでシェイプアップしてみましょう。
posted by オッサー at | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おうちヨガでシェイプアップその2


おうちでヨガをしてシェイプアップをしてみましょう

  ・ジャーヌ・シルシャーサナ(頭を膝に付けるポーズ)

  ジャーヌ・シルシャーサナ.jpg
 
・おうちヨガでシェイプアップ.ポーズの進め方

1)折りたたんだブランケットにお尻を乗せて、両足をまっすぐ前に伸ばして座る。
  息を吸って右膝を曲げ、かかとを会陰部に引き寄せ、右足裏は軽く大腿の内側へ押し当て右足の外側は
  床の上に、すねは左足に対して直角に(もし右膝を心地よく床の上に置けない場合は、折りたたんだ
  ブランケットを敷く)。

2)右の足の付け根内側、太腿と骨盤のつなぎ目を右手で押して、左手は腰の脇に置く。息を吐きながら
  胴体をやや左側へ向けて引き上げ、右腿の内側を下に押す。左腿の真ん中に、おへそが来るように。坐骨
  グラウティング(大地に根付かせる)し、背骨が均等に長くなるように、ストラップを使って、このまま
  ステイしてもよい。

3)可能であれば、ストラップではなく右手を伸ばし、左足の内側から、足の親指の裏側を持つ。
  息を吸って胴体の前側を引き上げ、左腿の付け根を床の方へ押して左かかとの方まで強く押す。
  床の手においた左手の力を利用して左へねじりを強めてから、左手を足の外側へ伸ばす。
  両腕が最大に伸びたら、恥骨から胸骨最上部まで胴体の前側を長くしていく。

4)息を吐きながら、足の付け根から前屈していく。腰から曲げないように。
  背中を丸めたり、胴体の前側を縮めて、力ずくで前屈しないこと。
  胴体が前に傾くにしたがって、肘を横に曲げ床から離す。

5)前屈を深めていき、気持ち良いストレッチへ。下腹部はまず腿に触れ最後に頭が触れるように。
  このポーズで1分から3分ステイする。
  吸う息で胴体を起こし、足を反対にして、このステップを同じホールド時間で繰り返す。

・おうちヨガでシェイプアップするときの注意
喘息、下痢、膝に故障がある時、故障がある方の膝を、折りたたんだブランケットの上に置き
膝を曲げ切らないように注意しましょう。

・おうちヨガでシェイプアップ以外の効果

うつの緩和促進.肝臓及び腎臓の活性化.消化機能の改善.不安、疲労、頭痛の緩和

  
 
 
posted by オッサー at | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする